エリザベス女王杯2022の予想

スポンサーリンク

エリザベス女王杯2022の印

先週のアルゼンチン共和国杯は◎ブレークアップが勝ち、今年の秋はなかなか好調です。そんな私が1番得意なレースがエリザベス女王杯です。サクっと当てたいところですが、雨予報により一気に難解に。ただ軸は3歳馬で大丈夫だと思いますよ。紐は何が来てもおかしくありません。

【道悪の場合】

  • ◎ナミュール 
  • ○スタニングローズ 
  • ▲ウインマリリン 
  • △ウインマイティー 
  • ⭐︎ローザノワール

【良馬場または多少の稍重までの場合】

  • ◎ナミュール
  • ○スタニングローズ
  • ▲ピンハイ
  • △イズジョーノキセキ
  • × ウインマイティー
  • ⭐︎ローザノワール

 

エリザベス女王杯2022の展開予想

今年は逃げ馬がローザノワール1頭のみ。ローザノワールの単騎逃げが濃厚。もし大逃げしてペースが速くなったとしても、2番手以降のペースはそこまで速くならないはず。

土曜のレースを見ていると前残りのレースが目立った。ただ小頭数でペースがゆったりなレースも多かったので、ペース次第で差しも決まる。今日のエリザベス女王杯はハイペースにはならないと思うので、どちらかと言うと前有利な展開になりそう。

あと問題は雨。道悪のエリザベス女王杯ってあまり記憶に無い。阪神2200mで道悪だとなかなかタフなレースになりそう。どれだけ雨が降るかなので直前まで予想は難しい。

良馬場だと◎○の2頭に加えてピンハイやイズジョーノキセキを上位評価したいが、道悪だとピンハイもイズジョーも割引は必要かと。当日の馬場を見て確定したいと思います。

エリザベス女王杯2022の各馬考察

本命は◎ナミュール。3歳馬は強いと思うので。展開的には同厩舎の秋華賞馬スタニングローズなのだが、臨戦過程的には今回は僅かな差でナミュールに軍配が上がりそう。とんでもなくグチャグチャ馬場にならない限りは大丈夫なはず。

対抗はこちらも3歳馬○スタニングローズ。スタニングは秋華賞がメイチだったと思うので、1着の可能性ならナミュールかなと。でもナミュールより前で競馬ができる分、今年のエリ女の展開的に安定感ならスタニングローズ。

ウイン3頭出しなので、流石に1頭は馬券に絡みそう。枠と展開的に▲ウインマリリンがやや有利か。

△ウインマイティーは外枠が嫌だが、1コーナーまで距離はあるコースだし、枠の並びは悪くないのでウインマイティーもチャンス有りと見る。

大穴は⭐︎ローザノワール。単騎逃げが濃厚。ヴィクトリアマイル4着馬なので、牝馬戦なら能力も足りている。距離はちょっと長い気はするが、ダートでも走っていた馬だし雨はプラスに。本来そこまで飛ばす馬では無いが、今回は単騎逃げ濃厚だしパンサラッサの影響もありそうなのでもし大逃げが決まればひょっとするかも。

自信を持って消せるのは、クリノプレミアムとルビーカサブランカくらいで、あと残りの馬たちは何が来てもおかしくはないです。

デアリングタクトはまだ見限れないですけど、飛んでも全然おかしくないので人気だし買わないって考え方はありです。

アカイイトは昨年はハマりすぎたので、流石に今年はあのような流れにはならないと思いますが、雨の降り方によっては浮上します。

ジェラルディーナは大外枠で人気。G Iで今年は相手も揃っている。4〜5着な気もしなくないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。